Gaspard Ulliel

懸賞 2007年 03月 20日 懸賞

a0025789_2110843.jpg


♡ギャスパー・ウリエル♡

(Gaspard Ulliel, 1984年11月25日 生まれ )

1984年11月25日、フランス・パリ郊外ヌイイ生まれ。
6歳のときに、ドーベルマンに襲われたときにできた傷が、左頬に残っている。
11歳のとき、テレビ映画でデビュー。

フロラン大学で映画を専攻。在学中から俳優としてテレビなどに出演、注目されるようになる。
1999年に短編映画「Alias」に出演。2001年に、クリストフ・ガンズ監督の「ジェヴォーダンの獣」でルイ15世を演じ、長編映画デビューを果たす。

2002年には、ミシェル・ブラン監督のコメディ「Embrassez qui vous voudrez」に出演。わずか18歳で、セザール賞有望若手男優賞にノミネートされ、リュミエール賞新人賞を受賞している。この作品により、人気俳優の仲間入りをする。

2003年、アンドレ・テシネ監督の「かげろう」に出演。美しい未亡人を愛する孤独な青年を演じた。この作品で、カンヌ映画祭デビューを果たし、二年連続でセザール賞有望若手男優賞にノミネートされている。

2004年、ジャン=ピエール・ジュネ監督の話題作「ロング・エンゲージメント」に出演。オドレイ・トトゥが演じるマチルドの最愛の恋人を演じた。この作品で、セザール賞有望若手男優賞を獲得。また、ハリウッド映画「ハンニバル」シリーズの最新作「Young Hannibal」で、若き日のハンニバル・レクターを演じることが決まっている。こちらは2007年に公開予定。

私生活ではスポーツが得意で、スキーや水泳、水上スキー、スケートボード、ローラーブレード、テニスなどを楽しんでいる。好きな小説家はミラン・クンデラ。好きな女優には、ジャンヌ・モローの名を挙げている。英語が堪能。

■ 主な作品
2008年 Barrage contre le Pacifique, Un
2007年 Hannibal Rising
2007年 Jacquou le croquant
2006年  Paris je t'aime
2004年  Le Dernier jour
2004年  ロング・エンゲージメント
2003年  かげろう
2002年  Embrassez qui vous voudrez
2001年  ジェヴォーダンの獣

a0025789_2116914.jpg

a0025789_21191422.jpg

a0025789_21231956.jpg

a0025789_21305280.jpg

a0025789_21315133.jpg

[PR]

by murasaki_m | 2007-03-20 21:21 | 映画

<< GERMANY   第4届法国电影展4月开幕 >>